>  > 短期決戦がいいかも

短期決戦がいいかも

お店のスタッフから着信あり、デリヘル嬢が玄関ドアを開けて入ってきてベッドルームでご対面です。女の子とあいさつをしてからプレイ時間を60分に決めてから、お店にTELをしてもらいスタートです。60分は短いと普通は思いますが、今回の女の子は極上です。指名をしたくらいですから当然なのですけど、勝手知ったる女の子ですからね。このデリヘル嬢とだったら阿吽の呼吸ですぐの発射も可能ですから、60分で十分なのです。逆に新しい女の子だったら、探り合いみたいになって相性が悪かったら90分でも発射できないかもしれません。ですから、この女の子だったら60分もあれば十分に発射可能と考えたからですよ。ですから余裕をもって一回戦が終わっても15分前のアラームまででも余裕の時間なのです。調子が良ければ二回戦も可能なのですけど、バタバタしますからそれは止めていつも一回戦が終わったらデリヘル嬢とまったりピロートークですよ。そっちのほうがゆっくりできますからね。

目隠しプレイは燃えますよ

アイマスクをしたままドキドキワクワクしながらベッドの上に座っているといきなり音もなく気配もなくキッスです。キッスをされながら服を脱がされるこのドキドキ感はかなりエキサイトしちゃいますよ。抱き付くと女の子はブラジャーパンティ姿です。見えないけどお互いに脱がしっこしながら素っ裸になってこの時点で、マイちんこはカチカチのマックスです。アイマスクをつけたままシャワールームに連れていかれてカチカチになったちんこを優しく洗われて気がつけばフェラチオされてました。これがもう気持ちがよくてガマンできるような状態ではなかったので、そのまま流れ出すようにザーメン発射しました。女の子も「もっといっぱいザーメン出して」と嬉しい声をかけてくれますし、なんかヤル気が溢れ出てきました。ベッドに移っても女デリヘル嬢からのサービスは止まりません、ネットリネッチリディープキッスから始まって、これまたド濃密な全身リップです。もちろんベッドの上でもアイマスクは着用したままです。アイマスクはいつ外してもいいらしいですけどね。

[ 2016-01-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談